2017年12月17日日曜日

2017.12.16-17 白毛門(初冬合宿代替)

初冬合宿代替山行2 

日程:12/16-17 
天気:(1日目)晴れ後曇り後風雪(2日目)風雪 
メンバー:岸本(L)、阪本、三浦、近江、箱守、畑中 
記録:畑中 

行動概要 
1日目:土合駅1050=松の木沢の頭1400=就寝1900 
2日目:起床0500=出発0720=白毛門登頂0950=松の木沢の頭発1240=土合駅駐車場1430=土合駅1530 


土合駅に集合し、下り線のあの階段を登る。駅の待合室的なところで支度をし出発。空は快晴。暑いので、インナーに直接レインウェアという格好になる。駐車場を過ぎ、橋を越えたあたりから一年生と上級生がペアになり、一年生に自由に歩かせてラッセル練習を開始。尾根に到着したあたりで終了。そこからは一般道を普通に歩く。晴天なので、やはり暑すぎる。レインウェアも脱インナーも脱ぎ長袖一枚に着替える。途中休憩中に地形図を読む練習をする。みんな大方合っていたように思う。松の木沢の頭に到着し、テント設営を始める。この頃には谷川の国境稜線から見るからに吹雪そうな雲がずっしりと姿を現していた。

松の木沢の頭より一ノ倉沢
明日の天気が不安…
一年生の三人で立て始めるが、遅すぎると上級生に指摘される。二回目。まだ遅いと言われる。お互いに指示を出しあうという行為が欠けていたようだ。テント設営の途中には厚い雲が空を覆い風雪となる。なんとかテント設営のお許しをもらい、皆テントの中に入る。時間もあったので、外でピットを掘ったり、ビーコン捜索練習をする。畑中はラジオで天気情報が流れる時間になると放送に従って天気図をかく。日本中が低気圧ばかりでびっくりした。久々に書いたにしては悪くない出来だ。夕食はカレーだ。箱守が作ってきてくれたペミカンはいい匂いがしてとても食欲がそそられる。先輩に「石油を食わされた」と言わしめた吉田のペミカンとは一味も二味も違うだろう。ひとしきり話して、就寝。 
起床し、食事を済ませ、出発の支度をする。ハーネスをつけていくかどうかという話しになり、岸本は「必要ない」というが阪本は「途中でつける可能性が少しでもあるなら初めからつけていくべき」という。結局つけていく。前日まであった踏み跡は消えており普通のラッセルとなる。一年生が交代で先頭を行く。まだまだ苦しい。体力をつけねば。ラッセル時にはルーファイも大事でできるだけ楽になるように進路を取らなければならない。基本的には尾根に忠実に行くが、岩(岩かどうかは大きくて定かではないが直登は無理そう)のピークなどは巻いて行く。所々岩が露出してい腰あたりまである段差を登るが、登山靴が滑りそうで怖い。進路が大きく曲がるところで赤布を刺しながら進む。下山時にこれにかなり助けられる。尾根から少し離れて雪面を登っている時に、後ろの上級生から「この雪大丈夫か?」という声が聞こえる。確かに表面の10数cmは少し硬いがその下は軟らかい。雪崩の恐れもあるため先頭を岸本が代わりトップとなりめに抜ける。雪の状態を気にせず歩いていたことに猛省しなければならない。尾根に戻り少し進むと鎖場がある大岩が出てくる。ロープを出すほどでもないがベルグラが張っていて滑ると致命的な地形だったこともあり、フィックスをはることにした。岩手前にある小さな平らなところでアイゼンを装着する。オーバー手袋でアイゼンを着けるのに手間取らない。これは良い進歩だ。阪本がトップで行き後続がそれに続く。その後細いリッジを歩きピークにたつ。

頂上直下のリッジ
これが山頂か?と少し戸惑ったが雪を掘ると白毛門山頂にあったモニュメントが見つかる。登頂だ。
頂上のモニュメント
秋の沢登りで白毛門を登頂していたことが役立った。風雪が激しく長居する必要ないので速やかに下山を開始する。三浦が先頭で行く。視界がとても悪い中、往路で刺していた赤布に大いに助けられる。逆に、刺していなかったらと思うと恐ろしい。ピストンにおいて赤布は大事なことを痛感させられる。松の木沢の頭に近づくに従って風雪も穏やかになってくる。無事にテン場に到着し、テントを片付け、V字状にプローブを刺して埋没している人を探す練習をする。一通り手順を確認した後、一年生が1人ずつ埋まって実際にただの雪と人間の刺した感触の違いを体感する。それも終わると、下山開始。途中踏み固められてツルツルになっている箇所がいくつもあり、何回も滑ってこける。滑り台状態。最後の方はあえて一般道を外れてふわふわの雪の中を進んだりもした。個人的には一般道がツルツルで怖いのでこっちの方が安全な気がする。土合の駐車場に到着すると、まだ時間もあるので、平らな駐車場を雪面に見立ててビーコン捜索練習をする。埋没者のビーコンが機能しなくなっている場合があることや、V字捜索は雪崩発生地点と消失点の延長線上から始めるなど当たり前のことを忘れていた。実際はもっと焦るだろうから、普段から心がけないといけない。ビーコン捜索練習も終えて、土合駅に戻り、帰京。 

0 件のコメント:

コメントを投稿