2018年4月20日金曜日

2018.04.20-21 火打山バックカントリースキー

メンバー:4年池田(L)、岸本、2年縄(記録)

日程:2018420()21()
天候:両日共晴れ
コースタイム:4/20 9:00妙高高原駅=10:30笹ヶ峰〜富士見平から黒沢岳を経由〜15:30高野池ヒュッテ〜18:00頃まで周辺でスキー
4/21 6:50出発〜8:30火打山山頂〜南面を滑降〜10:00黒沢岳北方の東面を滑降〜12:00テント撤収後出発〜15:00笹ヶ峰=16:20妙高高原駅


 自身は今シーズン初のバックカントリースキーで、頚城山域は池田さんと昨年3月末に笹倉温泉側から高松山に入って以来。今回は妙高方面から火打、焼山北面台地を通って笹倉温泉に抜ける計画で臨んだ。雪が少なく大変かもしれないが天候は良さそうだ。


4/20
 特急料金でもそれほど大きく変わらないことから朝から贅沢にも新幹線を使って長野駅へ。そこから第3セクターしなの鉄道で妙高高原に至る。平日なのもあってか通勤・通学客がたくさんいてやや混み合っていた。妙高高原駅からは予約済みのタクシーで林道を行けるところまで走ってもらう。やや車酔いしながらも運良く笹ヶ峰の登山口まで送ってもらうことができた。日差しも強く暑そうなので薄い長袖でスタート。黒沢橋までは傾斜はほとんどなく散歩のスキーバージョンといった感じでウォーミングアップにちょうど良い。新しいスキー靴も特に痛みはなくGPSを時々参考にしながら順調に進む。雪の残っていない黒沢橋を一旦スキー板を外して渡る。今回は沢が出ているため夏道と同じ道をたどり、傾斜の強いところを登ることになる。スキー板を担いでいきなり高度を稼ごうとしたが、左のトラバースが足りなかったようで序盤にやや藪に苦労する。夏道に復帰後は順調に尾根に突き上げた。格好良く大きい山が見えたので確かめてみると戸隠山である。再び担ぎ夏道、やや急なトラバースのあと急登。
富士見平手前より。焼山、影火打、火打。


奥に後立山
ようやく傾斜が緩くなりいざシールの出番。スキーでさくさく進み、どうしてここをスキー以外で登ることがあろうか、というくらい気持ち良く登る。だがどうやら岸本さんの様子がおかしい。歩みが遅くかなり苦しそうである。実は山行前同じ部員のうちの一人がインフルエンザにかかったことがわかり、岸本さんは飯屋で同じ皿をつついていたこともあってかなり心配していた。まさか本当にインフルがうつったのだろうか。さすがに水分不足とかではないかなどの会話を交わしつつ休憩後、ゆっくり進む。天気は快晴で、頚城山域の山々はもちろん、後立山連峰まで見える。絶景を写真に収めながら富士見平まで来ると高野池ヒュッテが見えた。ここからトラバースしても良いのだが黒沢山まで登れば高野池ヒュッテまで今日初めて滑り込める。時間に余裕はあるので登ることになった。頂上まで登り、北東面も滑り心地が良さそうだ、などと池田さんと話す。高野池ヒュッテへの滑り込みは、自身はバックカントリー自体が今シーズン初めてだったこともあって何回か転んでしまったが久しぶりに滑る感覚を楽しんだ。高野池ヒュッテに着くと小屋の方たちが次の日からの営業に向けて作業されていた。岸本さんは依然状態が悪いとのことで、小屋の人に伺ったところ、営業前にもかかわらずありがたいことに泊めてもらえることになった。池田さんと私はテントを建てた後近くのサクラ沢を標高差200300mほど滑って遊んだ。コンロの調子が悪く就寝時間は遅くなってしまったが、軽量化のために採用した夏用シュラフでもそれほど問題なく眠ることができた。岸本さんの体調は改善が見込めなさそうだったので、笹倉温泉に抜けずに降りるのが濃厚になった。
ここで病気を確信したという岸本さん。黒沢岳頂上。

4/21

 朝はフランスパンにスープを浸して食べた。時間・手間・重さ・味全てにおいてかなり良いことがわかった。ここから笹ヶ峰方面に来た道を降りるだけといっても岸本さんにとっては辛いだろう。まだ寝足りない様子もあって、岸本さんをテントに残し、池田さんと火打だけでも滑りに行くことになった。途中オートルートを想定して長めのトラバースルートをとる。どうやら前から、そして未だにトラバースがきつい原因の一つに足首の柔らかさが問題なのではないかと池田さんに指摘され、せめてオートルートまではストレッチをすることにした。滑るコースを考えながら火打山頂まで順調に進み、頂上まで担ぐことなくシールで上がることができた。昨年以来の焼山北面台地や高松山、糸魚川市街が見え、その懐かしさと変わらぬ壮大な景色に息を飲む。影火打からの滑り込み口もはっきりしており、次訪れた時のルートを思い描く。火打山からは、登り返しもそれほどきつくならないように、綺麗な北東面を滑ることにした。30度近くはあるだろうが絶好のザラメ雪となっており怖さもない。ビデオを撮りあい、惜しみながら大切に滑る。下から見ると2つだけのシュプールが火打の雪面にしっかりと存在感を示していた。このようなことも今日から高野池ヒュッテが営業とあってはそう簡単ではないだろう。


火打山頂への登り。角度がわかりやすいですね。
右側にシュプールがあるんですがスマホだと限界のようです。
その後は昨日検討した黒沢岳東面も気持ち良く滑り、暑さに喘ぎながらもテント場に到着した。岸本さんもなんとか下れそうとのことで、撤収後12時に出発。火打へ向かう人たちと大勢すれ違う。夏道の出ているところでスキー板を外したほかはそのまま下ることができた。相変わらず膝などをうまく使えていないせいかすぐに足が疲れてしまい、足のガクガクは止まらなかったが。黒沢橋でタクシーに電話をかけると道路規制で笹ヶ峰までは厳しいということだったので笹ヶ峰よりさらに降りなければならないことに。なるべくトラバース気味に行き、道路に突き当たったところで私は道路脇をシールで、岸本さん池田さんは担いで下って行くことになった。シールの方がよっぽど楽かと思っていたがそういうわけにもいかない。ほとんど平坦面だとやはり足は軽いほうが良いのだろうか。指定場所まで思ったより遠く、時間に間に合わなさそうだったが、タクシーが機転を利かして奥まで来てもらったため無事に下山した。天候も良く、壮大な山域を楽しむことができた。笹倉温泉まで抜けることはできなかったもののまたここに来る理由ができたとも言える。GWの山行に向けても軽量化・新しい装備の確認・体力の確認等が出来、有意義であったと言えるだろう。ちなみに岸本さんは病院に行ったがインフルエンザは陰性だったということだ。たまたま検出されなかっただけなのか、それとも病は気からということなのか。感染の可能性が高い時には行かないという判断も賢明かもしれない。
火打山頂から妙高方面



0 件のコメント:

コメントを投稿