2018年7月13日金曜日

2018.7.12 川苔谷逆川遡行

メンバー:畑中、吉田(記録)、Santiago

8:25川苔橋-9:00入渓点-9:15遡行開始-10:30林道上で休憩-10:45引き返す-11:00入渓点-11:50引き返す-12:10入渓点-12:30バス停

本谷の渓相
川苔橋から登山道へ続く林道を30分ほど歩くとカーブミラーのある急な曲がり道で、そこから谷底へ明瞭な踏み跡が続いている。遡行開始の準備をして出発。ロープも出さず小さな滝を超えながら進んで行くと、深い釜を持った二条の滝に出会う(後で調べたところによるとこの滝は夫婦の滝というらしい)。水量も多く難しそうだったので、右側から巻く。脆い岩場を上がってからトラバースする。この道は明瞭ではなくぬかるんでいて、滑りやすく緊張する。再び沢に合流すると、既に数本の滝を巻いていたようだった。左側が洞窟状になった釜を持った三段の滝を超えると右側の林道に出た。トポにこの林道の表記がなかったので、地形を確認してみるとどうやら川苔谷本谷を遡行してしまっていたようだ。林道を歩いて入渓点まで戻り逆川の遡行を開始する。大ダワ沢の出合い手前で吉田が軽傷を負い丁度その頃雨が降り出したために、沢筋を引き返して撤退した。7m,3m二段の滝を降りるのが少し怖かったが、右岸の巻道をクライムダウンした。他は難所もなくバス停まで引き返した。
夫婦滝前で記念撮影
本谷最後の谷
帰りにバス停で見た猿




2018年7月4日水曜日

2018.06.30 谷川岳馬蹄形縦走

谷川岳馬蹄形縦走

6/30()
メンバー:L餐場、林、福田
天候:快晴、(下山後まもなく雷雨)
記録:林

11:15 土合橋出発
13:50 松の木沢頭(10分休憩)
14:50 白毛門(50分休憩)
15:40 下山開始
16:15 松の木沢頭
18:00 土合橋

今回の山行は谷川の概念を把握し、かつ縦走の経験を積むことを目的に実施された。当日は餐場が遅刻したため1時間ほど遅れての行動開始となった。太陽がギラギラと照り付け、登山口では32℃となる暑さであった。

登り始めてしばらくすると餐場が熱中症となってしまったため、こまめに水分を補給しながら休み休みの行動となった。

ムラサキヤシオ
 
 稜線上に出ると風が心地よかったこともあり、餐場の体調は回復した。しかし、今度は自分が熱中症となってしまった。気づいた時にはもう遅く、水を飲んだはいいが白毛門で嘔吐する事態となった。餐場と福田の処置のおかげである程度は回復したものの、あまりの暑さに食欲を失っていたことでシャリバテも起こしてしまった。加えてこの日は一ノ倉方面に暗雲が立ち込めて落雷が発生していたことも考慮し、ここから下山することとなった。
ベニサラサドウダン


 下山時も全く力が出ず、フラフラであった。何度も休憩をとってもらい、雨に降られることなくなんとか下山できたのでホッとした。下山後まもなく大雨が降っていたのでギリギリであったようだ。ちなみに私は登山4年目にして未だ行動中にロクな雨に降られたことがない。
 今回の山行はこのように大変情けない結果となってしまった。これは熱中症対策の甘さとシャリバテに関する知識不足が原因だろう。帽子をかぶり、スポーツドリンクや塩分を補給できる菓子類を多めに携行し、行動食にはすぐにエネルギーとなりかつ食べやすいものを組み込むなど、基本的な工夫をするだけで全く違った結果になったはずだ。また、この山行を機に雷についての知識を再確認した。情けないながらも、得るものは多い山行となったと思う。

2018年6月30日土曜日

2018.06.30 瑞牆山 ハットエリアボルダリング

メンバー:吉田
6/30(晴れ)
10:15みずがき山荘-10:40富士見平着・設営-11:15富士見平発-12:05瑞牆山山頂着-12:25山頂発-13:20富士見平着-14:10テン場発・ボルダリング-16:30テン場着-18:00就寝
7/1(晴れ)
03:30起床-04:30出発-ハットエリア-10:30瑞牆山荘

今回の山行を初日に瑞牆山を登り2日目にボルダリングをすると計画した僕は、この計画の参加者を募った。しかし皆他の計画に参加していたり—あるいは僕のことを嫌い避けていたのかもしれない—、別の用事があったりして同行者が見つからなかったため、僕は部の活動と称しておきながら一人で行くことになり、自分の好きなように出来るということで軽量化という奇妙な考えにとらわれ、テントとシュラフを持たずその代わりにツェルトとシュラフカバーを携行することにした。
韮崎から始発バスで瑞牆山荘に行こうと駅から出ると、すでにバス停にはたくさんの登山客が並んでいた。その中でクラッシュパッドを持っているのは僕だけであった。列の後方に並んでいたが臨時便が2便も来たために、運良く山荘まで座って行くことができた。瑞牆山荘に着き富士見平までは高々1時間ほどということだったので、手にマットを持ち靴はその時履いていたクロックス(これが僕のアプローチシューズ)のまま出発。岩場もなく怪我することなく到着。道中登れそうな石が散見されたが、この時の僕は瑞牆のピークというこの日の目標のため石ころに構っている余裕はなかった。
自慢の寝床
瑞牆山山頂から、大ヤスリ岩?
富士見平の幕営地には木が沢山生えているため、適当なスペースを見つけてツェルトを設営する。一泊1000円、カラスの被害があるということだったがツェルトでは防ぎようがない。出来る限り荷物をテン場にデポして瑞牆山頂へ。この道は岩場も多いから登山靴を履いた。順調。天気が良く山頂からは金峰山も大ヤスリ岩も360度見渡せた。登りも下りもほぼ同じ時間だったのは不可解ではあったが、思ったよりも早く今日の目標を達成し暇になる。一人だから話し相手もいない。暫く休憩しボルダリング(ハットエリア)に行くことにする。先ほどの経験からクロックスで行ったが、これは少し失敗だった。ボルダーのある林道は足元が悪かったから。それは不慣れで道に迷えばなおさら。この日トライしたのは結局端の方の石だけだった、グレードはV2。帰幕し、夕飯を食べ、することもなく早めに寝る。
登れた岩その2「入門ポケットV2」など
登れた岩その1「ハチ少年 V1」
3時半起床、寒かったし、早めに寝たから早めに眼が覚める。撤収し準備を終え日の出を待ち出発。朝5時くらいから登り始めた。1日目は四人とあったのだが、2日目は誰とも会わなかった。フリークライマーの朝は遅いのか?道端の石で遊びながら瑞牆山荘を目指す。この日も最高でV2。トポに載っていても苔むしていて登られた痕跡のない岩も多く、思っていたよりも早く山荘についてしまった。また登山道を登って2周目に入るのも面倒に感じて、1050分のバスに乗って帰った。この時間だと乗客は少なかった。
ハットエリアの人気のある岩の課題は僕にとっては難しく感じるものだった。しかしここにある石は形が興味深く触ってみたいという気持ちになる。そして今なぜか、石を触る権利は誰にでも平等にあるというごく当たり前のこと、そして一般的にはとてもばかばかしいような事が頭に浮かぶ。また少し技術を身につけて再訪したいものだ。



トポに載っていない?

2018.06.30 小川山

小川山(2018630日〜71日)
文責:近江
6/29
 23:00にニッポンレンタカー八王子出発し、約3時間かけて廻り目平キャンプ場に到着。この日はテントを張ってそのまま就寝した。

6/30
 04:30に起床。眠気を堪えながら支度をし、マラ岩に向かう。マラ岩では川上小唄、レギュラー、手のひら届け、屋根の上のタジヤンなどを登った。次に姉岩に向かい、卒業試験、センター試験を登った。その後ボルダリングエリアに移動し、「覚醒」を見るだけ見てから近くでボルダリングをした。
 この日は早く寝たいと思っていたのだが、スーパーに買い物に行ったりしていたら結局就寝時間は10:00になってしまった。

7/1

 この日も04:30に起床。父岩に向かう。小川山物語、タジヤンII、岩壁の父を登った。その後車で瑞牆に移動し、メインエリアでボルダリングを楽しんだ後帰京した。